松下記念病院のロボット「ホスピー」を調べよう!

守口・門真の「人・もの・場所・出来事」などを調べていく番組
『MORI-KADO☆リサ~チ!』


今日のテーマは
【松下記念病院のロボット「ホスピー」を調べよう!】



松下記念病院に導入されている自走ロボット「ホスピー」
実際に病院で見たことある!という方もいらっしゃると思いますが
今回はその性能を調べて参りました!
1574411955231.jpg


************************



まずは山根 哲郎院長先生にお話をお伺いしました!
まずはじめに「ホスピー」と言うのは、ドラえもんやおばQなどといった
愛される可愛らしいキャラクターをコンセプトにつくられた、自律搬送ロボットです。
病院内の地図を参考に、ひとりで動いてお薬や検体(血液など)を運んでくれるのです!
1574412072507.jpg

病院というのは職員の方々は専門性が求められるお仕事が多い中で、
搬送業務には専門性は不要なのではないか?ということで
このホスピーが現在大活躍しているんですね
ホスピーの胴体部分は空洞になっており、そのにカゴを差し込む形で運んでくれます。
1574412001864.jpg

現在色違いで5台が稼働しているのですが、中には全ての写真を集めている方もいらっしゃるとか!
1574411969940.jpg

1574412050953.jpg

子供にも大人気で、ホスピーについて移動してしまって迷子になってしまったお子様も
でも!ホスピーにはテレビカメラがついているので安心です!
すぐにお子様も発見することができました
お仕事中も、今どこにいるかを確認することができるので安心ですね。


でもやはり人が運んだほうが早いのでは?そう思ったりもしたのですが、ここはやはり科学のチカラ。
人 vs ホスピー のタイムアッタックを行ったそうなんです。笑

結果は、ホスピーの勝ち!!

だってホスピーは事前にエレベーターを呼ぶことができるんです!!!
ホスピーは平面だけでなく、エレベーターを使って上下の動きも可能です。
行き先を指定された際に、自分が使う右側のエレベーターを無線で呼び出せるんですね。
我々人が使用する際には、エレベーターホールに着いてから呼んで待たなければなりません。
また他の利用者さんもいらっしゃるので、各駅停車になってしまう場合も。
そうなった時に、必ず直通で移動できるホスピーには敵わなかったわけですね。
1574412058768.jpg

移動の際には自己紹介などお喋りもしてくれるホスピー!
普段はとても小さな声だそうですので、ぜひ耳を済ませて聞いてみて下さい
男の子と女の子でお顔も声も違いますよ!
1574411979213.jpg


************************



Oue jobs are to convey Medicine,Smile and Healing!


これがホスピーの理念です。
お薬などを運ぶだけでなく、笑顔を届けてくれて、我々に癒やしも運んでくれるわけですね。
松下記念病院だけではなく国内、実は海外でも活躍しているホスピー!
これからもっともっと出来ることが増えて、手助けしてくれることが増えていくのではないでしょうか。
そんな未来を感じさせてくれるロボットでした


次回は12月13日です。ではでは。

この記事へのコメント