新しい消防の通報手段「ネット119」について

守口・門真の「人・もの・場所・出来事」などを調べていく番組
『MORI-KADO☆リサ~チ!』

今日のテーマは
【新しい消防の通報手段「ネット119」について】


「Net119緊急通報システム」とい新しい通報システムが
守口市・門真市では3月1日から開始しました。
これは音声による119番通報が困難な聴覚・言語機能障害者がの方が
円滑に消防への通報を行えるようにするシステムです。

*******************************



今回の取材で初めて知ったネット119ですが
知れば知るほど非常に便利なシステムでした。
周りに必要とされる方がいらっしゃったらぜひ共有して頂きたいです!




利用には事前の登録が必要となります。
登録は消防本部で行っています。




知っていてもいざ必要となった時に使用できないといけません。
お時間のある際に登録を行っておいてくださいね。
登録することで、お手持ちの携帯電話やスマートフォンが
御守り代わりになりますね
(機種によっては登できないものもありますのでご了承ください)


また練習モードがあるのもうれしいですね。
使用しないで済むのが一番ではありますが
いざという時に使い方が分からないのはもっといけません。。。
そのための練習モードですね
練習では本番と同じ画面で進みますが、実際に通報はされません。
受け答えのチャットもコンピューターが行っています。

もし!!練習のつもりが本番だった際は!!!
すぐに間違えましたと送れば大丈夫ですよ
間違えだと伝えなければ出動してしまいますので・・・・
くれぐれもご注意ください。



*******************************



そして救急車の適正利用についてもお伺いしました。


守口市門真市の救急車は9台(うち3台は非常用)
昨年の救急出動件数は18459件とのことでした。
非常に多い数字だな、と私は感じました。
1日平均にするとおよそ50件、1時間あたりにすると平均2回の計算に。

予てから言われていますが緊急性がない利用やタクシー代わりにする行為
これらの裏で本当に必要な方の元への出動が遅れてしまう事もあると
実際におっしゃっておられました・・・。
通報される際には今一度本当に必要かを見直して頂き
また必要な際には迷わず通報し、利用してくださいね。



*******************************



今回ご紹介したネット119は、広報守口・門真2月号にも載っています!
チェックしてくださいね



次回は3月27日です。ではでは。。。


この記事へのコメント